マーキュリーアカデミー 第19回 『本物の「絹 (シルク)」を知る!! 』 – デリケートなシルクから、デイリーなシルクへ –

消滅してしまう可能性のある「絹を扱う技術」を残すための活動を継続し、絹業界を守り、絹の持つ特質を損なわないで絹を洗濯機で洗えるように加工する「SHIDORI」の技術を開発した、1555年から絹を伝えている(株)山嘉精練 代表の山内伸介さんから、「絹(シルク)」について学ばせて頂きました。

そして、SHIDORIの技術を使い、子供が心地よく安全に着れる、洗濯機で洗えるシルク100%肌着「TAMAMONO」を、大切な友人の加藤なぎさ((株)エレグランス 代表)さんが初披露しました。

masa_R0016223

 

http://macademy.jp/event/seminar_19/

https://www.facebook.com/events/1557831041177697/

 

◆ TAMAMONO (たまもの)

http://tamamono.co.jp/

◆ SHIDORI (しどり)

http://shidori.org/

 

実演(真綿作り)を行ったりしながら

・ 絹に良さ(吸湿・放湿・保温・紫外線吸収・肌に優しい・肌を整えるなど)

・ 絹業界の危険な現状(1820分の1まで生産量が減少、高齢化、消費者減少)

・ 絹の弱点を補う技術

・ 蚕さんへの感謝の気持ち

を知ることができ、「大切な絹を守っていきたい」と心から思いました。

 

山内さんの、絹業界を守り、絹を日常的に広めていこうとする熱い想い…

加藤さんの、山内さんの想いを大切に、子供に心からすすめられる安全の肌着を作りたいという願い…

は、心にとても響きました。

 

効率化、値段、利便性だけにとらわれず、人にもっとも優しい商品を提供すること…

消費者が心身にやさしい商品をきちんと選ぶこと…

がとても大切なことだと思います。

 

本物の絹のことを知り、

SHIDORIの技術の素晴らしさと想いを知り、

TAMAMONOに直に触れて、

素晴らしさを皆さんが知り、広めて下さい。

 

◆ TAMAMONO (たまもの)

http://tamamono.co.jp/

◆ SHIDORI (しどり)

http://shidori.org/

 

自分ができることを積み重ね、「次世代の子ども達が安全に着られる絹の肌着」を伝えていきましょう。